MENU

 大学をして無事に就職することもでき、現在はOLの仕事をしています。
この2年間と言うものずっと1人の状態が続いているのですが、やはり寂しいという気持ちを持つようになってしまっていました。
人肌が恋しいという気持ちはあるものの、新しいお付き合いをする気持ちにはなかなかなれなかったのです。
実は前の彼氏は2年前に別れたのですが、その彼氏が原因と言っても差し支えないかもしれません。
私自身はあまりセックスを積極的にしたいという気持ちを持っていませんでした。
だけど学生時代に付き合っていた前の彼氏は、かなり絶倫な男性だったんです。
だから会うたびに激しいセックスを求められていたのでした。
もちろん気持ちよくなるのは嫌なわけではないのですが、さほど快楽を求めたいという気持ちもなかったために、次第にこの関係がわずらわしく感じるようになってきてしまったのでした。
前の彼は会うたびにセックスを求めるために、週に何回も関係を持つこともありました。
本当にセックスが大好きな人だったから、5日連続で関係を持ってしまったことだってあるんです。
私としてはもっとイチャイチャしたりデートを楽しみたいと思っていたけれど、そのほとんどがセックスに費やされてしまって面倒な気持ちを強く持つようになって別れてしまったのでした。
だけど1人の時間が長くなると、人肌が恋しい気持ちは夜になると湧き上がってくるもので、男の人にきつく抱き締められたいなんて思うような気持ちを持つようになったのです。
ある時、たまたま見たテレビ番組の特集に、ソフレというものが紹介されていたのです。
添い寝フレンドという関係を求めるのは女性ばかりではなく、現在は草食系の男性も多くなっているためにこの関係が成り立つのだそうです。
添い寝友達を作ることができたら、今の自分にはぴったりの相手になると思いました。
激しいエッチを求めてこない相手をみつけるために、ソフレ募集しなければという気持ちになりました。

大学時代の友人と食事をした時に、彼女からソフレの作り方を聞くことができてしまったのです。
そのやり方を真似してソフレ募集をしていけば、私にもそっと一緒に寝てくれる相手を見つけられるかもしれないと期待してしまったのでした。

 

 前の彼氏はとても激しくセックスを求めるタイプだったから、やはり男性というのは皆んなこんな感じかなと思っていました。
しかし草食系の男性が多くなっている昨今だから、添い寝をするだけで満足する方をみつける事ができるらしいのです。
友達から教えてもらった方法を試して、自分もソフレという関係を楽しみたいという気持ちになってしまったのでした。

 

 

名前:皆木 佳花
性別:女性
年齢:24歳
プロフィール:
 この2年間は彼氏もいなく生活をしているのですが、その理由があるのです。
実はあまりセックスには前向きではない性格なのに、前彼が来ても絶倫でしょっちゅうセックスを求められてしまっていたのでした。
だから、そんな彼との関係が面倒だと感じるようになってしまい、結局別れる決意をしてしまいました。
別れてしまうとやはり寂しい気持ちは出てきますが、セックスを激しく求められるのは嫌だったので彼氏を作れません。
そんなときテレビの特集でたまたま見た、ソフレという関係には興味を持ってしまいました。